㊺村岡ヤマギシ論、空想的社会主義との現代的接点㊼詩篇から⑵ ポインセチア

2020年01月04日

㊻詩篇から⑴ ふぞろいな食器


詩集『魂の領分』(2016/7)より


  <ふぞろいな食器>

 


いつのまにか食器洗いがおれの専門になっていた

洗うのも大量だが、片づけもめんどうだ

うちの食器はそろったものがあまりない、模様も大きさもちがう

回天寿司のように同じ種類を積み上げるわけにはいかない

拭いたものを5,6枚広げてもまだ重なるものがない

狭い台所だから後ろの食器棚に1枚ずつ運びかねない

 

理由は簡単だ、ほとんどがもらい物だ

こんなのはホームセンターにでも行って買いかえたらいい

そろったやつ、それも一皿でおかず各種が入る大きいやつに

そう、一度連れに言ったことがある

すると、もったいない、捨てられない、思い出が、というわけだ

1枚の皿、1個のお椀、それぞれの来歴を語りだしたら切りがない

ここ10年、いやもっと前からの物語を始める

 

ふーむ、おれは古物保存会の作業員か

おれも、だれにも役に立たない本だ、ノートだとか溜めこんできた

そんなわけで今夜も、狭いテーブルに皿小鉢をいっぱい並べて

いい年こいた娘、息子と家族だんらんの花を咲かす

長いこと別居してきた同士なので、年期が入った話になる

皿のように重ねてほい、とかたずけるわけにもいかない

 

そんなあれこれで、食器洗いもまんざらではないのである



okkai335 at 04:55│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
㊺村岡ヤマギシ論、空想的社会主義との現代的接点㊼詩篇から⑵ ポインセチア